いろいろ情報

大阪高体連空手道部
お役立ち?ページ 
<< 続けて始め! | main | 10カウントルール(2) >>
10カウントルール(1)
0

    10カウントルール その1

    ・選手が倒れて10秒間立ち上がれなかった → 10カウント成立

    ・選手が倒れて10秒以内に立ちあがった → 10カウント不成立

     

    運用

    ・選手が倒れても、すぐに10カウントの笛を吹くのではなく、様子を見て判断する

    ・倒れた選手が動けない、立ち上がれない状態と判断した場合、笛を吹き、直後に必ずドクターを呼ぶ

     判断はドクターが行うので、主審はドクターを必ず呼び出し、コートに来てもらう

    ・10カウントは、主審が片手の指を用いてカウントする

     

    10カウントが不成立(解除)になる場合

    ・カウント10までに倒れていた選手の両手両ひざがマットから離れて立ちあがった場合

    ・倒れた選手が立ち上がろうとしているのをドクターが制止した場合

     

    10カウントが不成立(解除)になった場合

    ・主審はオフィシャルテーブルに向って手をあげる

     

    10カウントが成立する場合

    ・選手が立ち上がろうとしない場合

    ・選手が立ち上がれない場合

     

    10カウントが成立した場合

    ・主審は手のひらを立てて「取りません」のゼスチャーを行う。

    | oskktrblog | 主審レベルアップ | 23:37 | - | - | - | - |